Key Reference

知らないと大変!?賃貸物件から引っ越しする際の解約手順

引っ越し前に行わなければならない解約の予告

引っ越しのため賃貸物件から退去するにあたり、引っ越し日までに行わなければならない手続きが多いです。まずは管理会社や家主に対し、引っ越しする旨を事前に予告しなければなりません。一般的に退去前の1ヵ月前には事前に通告を要するケースが多く、契約書には解約の予告に関する事柄が記載されています。この事前の予告を忘れていると退去日までに解約が間に合わず、余分な家賃を支払わなければならなくなるため注意しましょう。

解約のための書類作成が必要

家主との賃貸契約の解約の際には、解約届の書面をやり取りする必要があります。引っ越し先の住所などを記載する必要がある場合も考えられるため、書類を作成する前に必要な情報を整理しておくと作業がはかどります。引っ越しの期日が近づくほどやらなければならない作業が増えるため、できれば期日までに余裕がある間に解約届を作成した方が無難ですね。記載に必要な項目で不明な点を調べるのにも、時間的余裕があった方が安心です。

退去前に立ち合いで部屋を確認

賃貸物件から退去する際には、家主や管理人が立ち会って部屋の様子を確認することが一般的です。その際に部屋の中の傷んだ部分も同時にチェックする事になるでしょう。借主には原状回復義務があり、補修のための費用を負担しなければなりません。そこで補修を必要な部分についてよく話し合っておきましょう。借りていた部屋の破損の補修費用を節約するために、退去前に自身のできる範囲で補修を済ませておくこともテクニックの一つですね。

菊水の賃貸では、閑静な住宅街に立地する物件が多い点に加え、スーパーやコンビニなどが徒歩圏内に存在する点も魅力で、快適な日常生活を送れます。