Key Reference

資産形成には賃貸経営!空室対策の方法とは

資産形成に役立つ賃貸経営と空室リスク

資産形成の手段として賃貸経営は定常的に大きな収入が得られるのが魅力です。一戸建てでも数万円、マンションなら数十万円から百万円以上の収入を毎月得られるでしょう。しかし、賃貸経営をして収入を得るためには入居者がいることが必須です。空室ができてしまうと収入が減るリスクがあることは常に念頭に置かなければなりません。空室が目立ってきたときには速やかに対策を立てて実施するのが安定した収入につながる重要な観点です。

空室対策には設備投資が基本

空室対策を行うためには入居希望者にとって魅力的な物件にしなければなりません。その際に比較的簡単に行えるのが設備投資です。間取りを変えたり、大規模修繕を行ったりするのに比べると少額投資で物件に魅力を付けることができます。カメラ付きインターホンを設置したり、鍵をディンプルキーにしたりするような簡単な設備投資をするだけでも防犯性が高いという魅力を感じて入居してくれる人が増えるでしょう。まずは人気のある設備を整えることから始めるのが得策です。

家賃の引き下げは最後の手段

入居希望者にとって最も切実なのは家賃の高さであり、空室対策として家賃の引き下げは最後の手段になります。ほんのわずかに家賃を下げるだけでも半分近くが空室だったのが満室になる場合もあるでしょう。しかし、一度下げてしまった家賃を上げるのは困難であり、将来的な収入を下げてしまうことになります。他の手段がどうしても取れないときや何をしても入居者が増えなかったときに限って家賃の引き下げを行うと考えておくのが無難です。

札幌の賃貸マンションなら、快適な生活を実現します。札幌ならば交通アクセスが充実している上に、商業施設が揃っているからです。