Key Reference

失敗しない中古マンション選び!特徴を理解して選ぶのが大切

中古マンションに住むなら立地選び

中古マンションに住もうと考えて物件探しを始めたら、まず重視した方が良いのが立地です。新築マンションに比べて古くから建っているため、もともと良好な立地にあるマンションが多くなっています。新興住宅地にはあまりありませんが、昔からの交通の要所で駅に近かったり、繁栄している商店街が近くにあったりすることはよくあるのです。長く住むからこそ立地を重視しておく必要があります。中古マンションを購入する際にはまず念頭に置くと良い点です。

リフォームの可能性を考慮した購入

中古マンションを購入すると新築に比べれば少ない費用で済ませられます。しかし、そのままの状態で住める期間はある程度短くなる覚悟はしておかなければなりません。そのため、長く住もうと考えたらリフォームが重要になります。マンションによってリフォームが制限されている場合もあるので、どの程度までなら実施可能かを確認しておきましょう。そして、リフォームのための資金を予め準備するか積み立てて置くと完璧と言えます。

リフォームを考慮して専有面積を重視

リフォームを念頭に置いて中古マンションを選ぶときには専有面積を重視するのも大切です。間取りが多少気に入らなくても、十分な面積があればリフォームで理想の間取りに切り替えることができます。部屋を増やしたいときほど面積が必要になるので、考えているよりも若干広めの専有面積がある中古マンションを選んでおくと将来的にリフォームしやすいでしょう。予定よりも部屋が欲しくなる場合はよくあります。リフォームのしやすい広さを考慮するのは中古マンション選びで大切な視点です。

リノベーションマンションを購入する時には、事前に物件の見学会に参加をすることで、おすすめの物件の特徴を理解できます。