Key Reference

住まいを借りる時は期間によって条件が違ってきます

転勤など期間がある程度分かっている場合

会社の転勤で住宅を借りる場合は、前任者の前例もあるので、ある程度期間が分かります。借りの住まいであるため、引っ越しの荷物も最小限となります。単身赴任ではなく家族を含めて移動するにしても、この機会に所帯道具を整理して最低限になるでしょう。住宅を借りる場所は、通勤に便利なところ、子どもがおれば通学や買い物に便利なところが優先されます。マンションにするか一戸建てかは、車の駐車場問題が賃料に影響してきます。

後々賃貸ではなく住宅購入を考えている場合

新しい土地に転職し賃貸を探す場合は、後々のことを考えてしまいます。心機一転、この土地に骨を埋める覚悟があれば、いずれは自分の住宅を買うことも考えます。しかし、土地勘もありませんし、気象状況もわかりませんので、一年を過ごしてみなければ皆目見当がつきません。不動産屋に聞くことはできても住んでみなければ実感が湧きません。家賃が安いことを条件として探すのではなく、賃貸契約は短期間でもスムーズに出れる物件を優先することです。

家族構成が賃貸後に変わる場合

住宅を借りる時には家族構成で間取りが大きく違ってきます。夫婦だけであれば2LDKでも済ませることができますが、子どもがおれば3~4DKが必要になります。ところが、借りて間もなく子どもが家をでるとなれば話は変わってきます。大学が決まっていたり、予備校に行くので部屋は必要なくなる、結婚を控えているといったケースです。このような場合は、部屋の間取りに工夫ができる住宅が必要になります。マンションよりも土地付きの一戸建ての方が活用範囲が広がります。

賃貸契約とは、契約者の一方が目的の物や権利などを、金銭を受け取ることを条件に貸す契約のことです。貸主は目的の物や権利を相手方に占有させるのが一般的です。