Key Reference

賃貸経営をするなら知っておきたい利回りとは?

利回りを知って物件探し

賃貸経営を始めようというときには物件探しから始めることになるのが一般的です。少しでも収益性の良い物件を手に入れたいと考えるのは当然ですよね。そのときに利回りについて知っていると効率的に候補を絞り込むことができます。利回りとは物件の購入価格の何%程度を賃貸経営による年間収入として期待できるかを試算した値です。これが大きいほど収益性が高いと考えることができるでしょう。ただし、利回りには複数の考え方があるので注意が必要です。

利回りの種類と違いに注意

利回りには大きく分けると二つの種類があります。一つが単純利回りであり、想定される家賃収入を物件の購入金額で割ることにより求めたものです。賃貸経営がある程度安定していると想定した上で得られる家賃収入が物件の価格に対してどの程度かを示すものであり、単純な現金の入る量の指標となります。もう一つは実質利回りであり、家賃収入から必要経費を差し引いたものを購入金額で割るのが特徴です。賃貸経営による所得を元に考えている利回りとなります。

重要なのは実質利回り

収益性を考えて賃貸経営に利用する物件を選ぶときには実質利回りを考えることが大切です。賃貸経営をしているときにかかる経費は物件によって大差があります。中古の場合には修繕が頻繁に必要になりがちですが、新築の場合には当面は修繕費はかからないでしょう。しかし、購入金額では新築の方が高くなりがちであり、どちらを取るのにメリットがあるのかが判断しづらいのが通常です。その際にも実質利回りを計算すれば評価ができるため、より収益性の高い物件を選びやすくなります。

帯広市の賃貸物件の特徴として家賃が安い点が挙げられます。駅近でも広々とした部屋でのびのび暮らせます。